中小企業オーナー経営者を
サポートする税理士法人

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-2-5 ERVIC人形町4階アクセス

初めて税理士を
お考えの方へ

独立開業・会社設立をお考えの方、
こんなお悩みはありませんか?

  • 出資金や創業費など
    いくら準備すれば良いか
    分からない。

  • 開業のために借入をしたいけど、
    どこも相手にしてくれない。

  • 自己資金が少なく、
    開業後の資金繰りが不安。

  • 会社を設立したいけど、
    手順が分からないので
    相談しながら進めたい。

  • 開業するのは 個人事業が良いか、会社設立が良いか分からない。

  • 事業計画書の作り方が分からず、
    周りに相談できる人がいない。


会社を設立してから融資をうけるより、
融資をうけてから設立したほうがお得です!

  • 理由1

    「会社設立」に伴う出費で自己資金を減らさずに済むため

    創業融資の申請段階で必ず確認されるのは、自己資金がいくらあるかということです。そして、融資金額を決定する際の目安として「融資金額の〇倍」といった算出方法を使います。 つまり、先に会社を設立してしまいますと、やっと貯めた自己資金を会社設立にかかる費用の分だけ(少なく見積もっても20万円~30万円)自己資金が減ってしまうことになります。 ですから、順序としては創業融資⇒会社設立の順番の方がメリットがあるということになります。

  • 理由2

    創業融資の金額決定には個人事業も法人も関係がありません

    創業融資を受ける際に、多くの方は「法人の方が信用度が高いのではないか?」とお考えかも知れませんが、結論から申し上げれば、 創業時の信用は「経営者本人の信用」と「事業計画」ですので個人か法人かは関係ありません。ですので、先に法人化をして自己資金を減らしてしまうことは得策ではありません。

  • 理由3

    創業融資を受けてから設立すれば資金繰りも楽になります

    前述の通り、会社を設立するには少なく見積もっても20万円~30万円のお金がかかりますので、先に融資を受けられれば、受けた融資金額の中から設立費用を捻出できますので資金繰りの面でも大変楽になります。

税理士法人ウィズが
融資申請のサポートをいたします。

会社設立サポートの特徴 Feature

  • 01 税理士 or 科目合格者が対応

  • 02 「経営革新等支援機関 」のため 対応できる融資が豊富です。

  • 03 地下鉄3駅(人形町駅・水天宮前・三越前駅)4路線利用可で来所もラクラク

料金表 Price list

1.株式会社設立の費用

かかる費用 自分で設立する場合 会社設立サポートコースの場合
定款認証手数料 52,000円 52,000円
定款認証印紙代 40,000円 0円
登録免許税 150,000円 150,000円
手数料 0円
費用合計 242,000円 202,000円

※消費税は別途となります
※設立に伴う法定費用(実費)はご負担願います。
※会社設立サポートプランは、設立後の顧問契約が必要となります。

2.合同会社設立の費用

かかる費用 自分で設立する場合 会社設立サポートコースの場合
定款認証印紙代 40,000円 0円
登録免許税 60,000円 60,000円
手数料 0円
費用合計 100,000円 60,000円

※消費税は別途となります
※設立に伴う法定費用(実費)はご負担願います。
※会社設立サポートプランは、設立後の顧問契約が必要となります。

会社設立サポートプラン実行までの流れ Flow

  • 01
    まずは無料相談を
    ご予約下さい
  • 02
    お客様のお話を
    お聞かせ下さい(無料)
  • 03
    融資申請の準備
  • 04
    日本政策金融公庫への
    連絡と面談同席
  • 05
    融資の実行
詳しく見る
more
  • 01

    まずは無料相談をご予約下さい

    (平日9:00~17:30)

    お電話、もしくはメールで「無料相談」をご予約下さい。(予約は平日9:00~18:00) 受付担当者が、お客様と専門家の日程を調整し、面談可能日を決定いたしますので、お手数ですが、弊社事務所までお越し下さい。

    ZOOM(オンライン)での面談をご希望の方は、その旨をお伝えください。オンライン相談の日時を決定させていただきます。

  • 02

    お客様のお話をお聞かせ下さい(無料)

    無料相談では、
    ①お客様の事業内容  ②創業予定時期(新規創業の場合)  ③今後の事業プランと自己資金の有無
    ④希望借入額の確認とその内訳  ⑤設立する予定の会社概要  をしっかりと伺わせていただきます。

  • 03

    融資申請の準備

    無料相談(手順2)で、申請する金額が明確となり融資もほぼ可能であると見込まれる場合、改めて日程を決めて融資申請に向けて内容確認と書類作成の準備を行います。
    ①事業計画作成のためのベースヒアリング
    ②申請に必要な項目確認とご用意いただくものの確認
    ③日本政策金融公庫の面談を受けるための事前アドバイス

  • 04

    日本政策金融公庫への連絡と面談同席

    日本政策金融公庫への連絡と融資申請書類の送付が済みましたら、日本政策金融公庫の融資担当者との面談があります。 税理士法人ウィズからも専門家を同席させますので、初めての面談も安心です。

  • 05

    融資の実行

    融資審査に通りますと、融資申込から約3週間で日本政策金融公庫から弊社の連絡が来まので、連絡が参りましたら、すぐにお客様にご連絡いたします。 尚、会社設立手続は、融資実行後に行いますので、会社設立に伴う法定費用なども、振り込まれた金額からお支払いただけますので、 創業時には助かることと思います。