社員旅行

おはようございます。

今日は8/15。お盆はとうとう最終日ですが、
子どもたちや学生は、まだまだ夏休み。
家族でこれから旅行に行かれるという方も多いことでしょう。

さて、旅行といえば、いろいろありますが、
中でも会社と関わりが深いのが、社員旅行。

社員旅行の費用についてですが、
その内容により勘定科目が異なりますので注意が必要です。
次のような条件で、その旅行の内容を総合的に判断しなければなりません。
その費用の額が社会通念上、多額なものと認められるものでなく、
かつ、その旅行が次のいずれの条件を満たすものである場合には、
原則としてその旅行費用は「福利厚生費」などとして全額を経費とすることが認められます。

要件
 ①旅行の期間が4泊5日以内であること(海外旅行の場合には、現地での滞在が5日以内)
 ②旅行に参加した人数が全体の半分以上であること
    (工場・各支店ごとにおこなう場合には、それぞれの職場ごとの人数の半分以上が参加することが必要)

上記の要件を満たさない場合や、次のような費用は、
その内容に応じて交際費あるいは給料として処理を行う必要があるので注意が必要です。
給料とされた場合には源泉所得税が課税されます。
また役員の場合には役員賞与となり源泉所得税が課税されます。
役員賞与は経費として認められません。

 ①役員など特定の者だけで行う旅行
 ②取引先に対する接待、供応、慰安等のための旅行
 ③実質的に私的旅行と認められる旅行
 ④成績優秀者に対して与える表彰旅行
 ⑤不参加者へ金品等の支給がある場合

サブコンテンツ

▲TOPへ