熱海と別荘等所有税

こんにちは。
避暑に行きたくなるような、暑い日々が続いておりますね。
都内から好アクセスの避暑地といえば、熱海がまっさきに思いつくのですが、
皆様はどうでしょうか?

海と温泉に恵まれ、避暑地としても、避寒地としても、有名な熱海。
セカンドハウスはもちろんのこと、多くの別荘が存在します。
そんな熱海ならでは!というべきかもしれません。
実は、日本で熱海にしかない税金が一つあります。
それは、別荘等所有税です。

別荘等所有税とは、原則、熱海に別荘を所有している方に課される税金です。
家屋の評価額を課税基準とする固定資産税に対し、
別荘等所有税は、別荘の述べ床面積を課税基準としています。
ということは、課税基準を別のものにすれば、
建物に対し別の税金を課すことも可能なのでしょうか。
たとえば、高さなど……

翻って、別荘等所有税についてですが、
これは、固定資産税とは別の税となっておりますので、
毎月1回以上利用していても、セカンドハウスとして認められ
減税されるといったことはないようです。
そして、導入の背景にはインフラ整備のための財源の不足があったとのこと。

世界を見ると、他にもニューヨーク州のベーグル税や、
ハンガリーのポテチ税など、ある意味その地域や国の個性が
体現されているかのような税金がありますが、
導入の一因にはやはり、財源不足があるように思えます。
今後、人口が減少し、税収が減るにつれ、
日本も各地域が独自の税を導入する時代に
突入するのでしょうか……気になることしきりです。

ちなみに、世界の税金には、カナダのドーナツ税など、
軽減税率が導入されているものもあります。
5個以下の個数でドーナツを買うと、外食とみなされて、課税対象となり、
6個以上買うとテイクアウトとみなされて、課税対象外となるそうです。
こんなふうに、限度を超えない贅沢には目こぼしを頂きたいなと思いますね。

サブコンテンツ

▲TOPへ