青春とwith コロナ

先日「千と千尋の神隠し」を見に行きました。

公間された2001年は自分が20歳そして初めて日 本に来た年です。

町中、テレビ、学食、あらゆるところは千と千尋一色でした。

慌ただしい留学生活1年目で、とても映画館に足を運ぶどころではありませんでしたが先日 19年越しの映画館での鑑賞が叶いました。

初々しい記憶が蘇っ て大号泣しました。

19年、自分と日本のすべて、青春のすべて かもしれません。

このようにときめきを入れつつ長い「with コロナ」をこなしていきたいと思います。

サブコンテンツ

▲TOPへ