メモ帳とクラウド化

記録は記憶に勝る-
皆さん、メモを活用していますか?
プライベートにおいても、仕事においても、
覚えておきたいこと、予定、思いついたこと、
メモをとっている方は多いかと思います。

ですが、取ったそのメモ、見返していますか?
すごくいいアイディアをメモした後。
あのことについて書いたページ、どこかしら、
なんて探したことはありませんか。

私は社会人になってからメモを欠かさずとっています。
記憶力にはそれなりに自信があったのですが、
流石に、社会人生活の情報量の多さに対しては、
処理能力が追いつきませんでした。
大事なことを余さず覚えておくということは到底不可能だったのです。
記録に勝る記憶なし。実感した瞬間でした。

さて、手書きでメモをとるようになって、
大事な情報を忘れることはごく少なくなりました。
私は手書きのメモが好きです。
書く、という作業を経るから記憶に残りやすいと思いますし、
積み重なっていくページと文字が、
確かな安心感を与えてくれるからです。

ですが、最近になってメモ帳のクラウド化に踏み切りました。
手書きメモと、『エバーノート』という、
クラウド型情報整理アプリの併用を開始したのです。
実際にエバーノートを使ってみて、驚きました。
メモにつけたタグで検索できるから、目当てのメモを探すのがとても簡単で、
ネット環境が、PCからも携帯からもメモにアクセスできるので、
メモ帳それ自体をなくすということがない。
メモ帳を何冊も使い分ける必要もない。
メールや画像など様々なファイルを一元管理できるから、
字によらない、必要なデータも気軽に保存ができ、取り出せる。

私は、これまで、メモはとっていても、
ぱっと目当てのページを探し当てることができませんでした。
また、普段使いのメモ帳自体を出かけるときに忘れてしまう、
ということもありました。
また、手書きメモを見てから、PCを立ち上げ、
必要なファイルを探すということも普通でした。
エバーノートを利用するようになって、それが解消された。
時間と安心、情報量に関していえば、
遥かに生活が効率化されたのです。

デジタルとアナログはどちらにも強みがあります。
現に私は、今も瞬間的なメモは、手書でとっています。
たとえば電話に出る時。電話をとりながら、
PCやスマホでメモを取れるほど器用ではございませんし、
こちらのほうが早いですから。
そうでなくとも、これまで慣れ親しんだものを捨てようとは思えません。
ですが、新しいものを取り入れるということは、
生活を豊かにしてくれる-そう感じる今日このごろです。

サブコンテンツ

▲TOPへ