クラウド会計の長所・短所

クラウド会計はもう一般的になってきたような感じもしますが、
まだまだインストール型の会計ソフトを使っている方も多く、
名前や内容はわかっていても、導入に踏み切れないってこともあるんじゃないでしょうか。

クラウド会計の長所や短所について書いていきますと・・・・

長所としては、
会計処理(経理処理)の時間を削減できる!
ということです。

どうやって削減するのかというと、
自動仕訳、学習機能、自動取り込み、ネットバンキングとの連携、請求業務システム、経費精算システム、給与計算システム等々、を駆使して一気にクラウド会計に取り込んでしまいます。

今まで別々の作業だったものを一本化してしまうのです。

諸々設定は必要でしょうが、そんなのはほとんど導入の最初だけなのでそこさえ乗り切れば、
あとはどんどん時間が削減できるでしょう。

もし仮に会計ソフトがインストール型でも、
その他のシステムが会計ソフトの取り込み形式のエクスポートに対応してるってだけでも十分威力を発揮できます。

エクスポートやインポートを繰り返す作業は必要なのでそこの時間はかかりますが、
手入力で打ち込むよりは断然早いと思います。

あとはやはり、ミスが少なくなることです。
人間が行う作業はどうしても手間とミスがつきものです。

自動連携なら数字の間違い等はないので、安心できます。
会計処理のミスが減れば、必然的に時間も削減できますね。

さてさて短所ですが、
インターネット環境が必須というところですね。
あまりネット環境のないPCで作業をすることも少ないでしょうが、
例えば社内のネット環境の入れ替えの時とかには一時的に使えないっていう場面も出てくるかもしれません。

あとは上に少し書きましたが、導入(会計の入れ替え)部分でしょうか。
でも今使っている会計ソフトも最初からさらっと使えたわけじゃないと思います。
慣れてしまえば大丈夫になるのではないでしょうか。

例えば、スタートアップの企業様は初めからクラウド会計にしてしまえば、全然問題ありませんね。

長所、短所という形で挙げていきましたが、
難しそう、、、という先入観も邪魔している場合もあるのではないでしょうか。

そんな時はぜひご相談ください。
お話しを聞いて、皆様にあった内容を提示できれば幸いです!

サブコンテンツ

▲TOPへ