相続税対策

イメージ不動産不動産・金融資産をお持ちの方は、相続税が発生する可能性があります

 

こんな方は相続税対策が必要です

  • 不動産(自宅・土地等)をお持ちで、株や現預金といった一定以上の金融資産をお持ちの方
  • 経営者の方、個人事業主の方で、円滑な事業承継をご希望の方
  • 大企業の役員・管理職等、公務員等、多額の退職金が見込まれる方
  • 不動産やご自宅といった「分割が困難な形」で財産をお持ちの方

みなさまもご存知の通り、平成27年1月1日適用の税制改正に伴い、ある一定以上の財産をお持ちの方は「相続税の課税対象者」に該当する可能性が出てきました。
そこで、相続が発生してから慌てないためにも、早めに相続税対策に着手されることをお薦めします

 

相続税対策とは何か?

イメージ相続税対策相続税対策は、相続が発生した際に、相続税の負担を軽減すること、納税しやすいように、予め資金を準備することと、遺産を巡って、相続人同士で争わないようにすることを差し、大きく分けて

  1. 節税対策
  2. 納税資金対策
  3. 争続対策


の3つが挙げられます。

1.節税対策

節税対策の第一は課税対象となる相続財産を圧縮することです。
相続税は、あくまでも「相続財産」に対して課税されるものですので、相続財産の評価額を減らし、非課税財産・基礎控除の額を増やすことができれば、相続税を低く抑えることができます。

しかしながら、相続財産の評価を下げるにはノウハウの蓄積が必要ですし、相続財産の評価には高い専門性が必要です。税理士法人ウィズは顧問先を中心に、難易度の高い財産評価も多数経験しておりますので、安心してお任せ下さい。

 

2.納税資金対策

納税資金対策とは、相続税申告と同時に収める相続税をいかにどのように準備するかという対策です。
相続税は「現金で一括納付」が原則のため、財産があっても現金化できない場合、相続財産を売却するなどしないと納付ができないケースも多々あります。

そこで、予め相続税が発生する可能性があるのか?あるならいくらで、どのように工面するかを早めに考えておく必要があるのです。

 

3.争族対策

争族対策は、読んで字のごとく、「相続人同士で争うことの無いように対策を講じる」ことを指します。
司法書士年鑑等によれば、昨今、家庭裁判所に持ち込まれる相続相談の件数は、年間18万件と、10年前のおよそ2倍になっているそうです。

そこで、相続人同士の争いを避けるためにも、財産を分割しやすい形に変えたり、遺言を書いたり、事前に行っておいた方がよろしいことをしっかりと行うことが必要です。

 

税理士法人ウィズの相続税対策相談とは

1.まずは、お電話下さい

 
フリーダイヤル 0120-992-369(平日9:00~17:30)

 

受付担当者がお客様のご希望と弊社税理士の日程を調整させていただきますので、弊社事務所までお越し下さい。
※尚、電話でのご相談はトラブルを避けるために承っておりません。

 

2.来所・現状確認

お約束の日時に、お伝えしました資料を持ってお越し下さい。
経験豊富な専門スタッフが、お客様がお持ちの財産や現在の相続人同士の状況などをしっかりとお伺いいたします。
その際、

  • 固定資産税納税通知書
  • 預金残高
  • 保有株式等

 
をご持参いただければ、より具体的なアドバイスをさせていただくことが可能です。

 

3.相続税対策のアドバイス

確認させていただいた内容を踏まえ、今後、準備した方が良い相続税対策の内容と手順を、具体的にアドバイスさせていただきます。
既に、相続が発生していて、相続税発生可能性がある場合は、相続税額を概算で計算いたします。

 

4.サポート内容とスケジュールの提示

弊社で相続税申告、相続税対策を希望される場合は、サポート内容とスケジュール、費用を提示させていただきます。
サポート内容と金額にご納得いただけましたら、相続税申告・相続税対策のサポートを実施いたします。

以上が税理士法人ウィズの相続税申告・相続税対策の流れです。まずはお気軽にご相談下さい。

 

 

日本橋人形町周辺で税理士をお探しなら、税理士法人ウィズへまずはお電話ください。100年経営をサポートいたします。フリーダイヤル0120992369 無料相談受付中

 

サブコンテンツ

▲TOPへ