代表税理士 橋本秀明

代表税理士 橋本秀明東京税理士会 日本橋支部所属 登録番号83793
東京都江戸川区出身
東京都世田谷区在住
趣味・ゴルフ、ドライブ

はじめまして。代表税理士の橋本秀明です。
私は、江戸川区の出身ですが、小さい時に新潟へ引っ越し、高校時代までには新潟で育ちました。

小学校の頃は野球チームに所属し、将来、プロ野球選手になることを夢見る少年でしたが、中学校に入学して部活動を選ぶ際に、父親の影響で卓球部に入りました。

image自分でも卓球部に入るとは思いもしなかったのですが、いざ始めてみると面白くて夢中で取り組み、中学・高校時代は部活に明け暮れる毎日を過ごしました。

大学は横浜の大学を選びましたので、大学入学後は横浜で生活するようになりました。
税理士になろうと思ったのは、大学1年の時に「何か資格をとったら就職に有利かな?」程度の軽い気持ちで簿記の勉強を始めたのがきっかけで、簿記の勉強の先に「税理士」という資格があることを知り、手に職をつけようとの思いで税理士を目指すことになりました。

image税理士になるには必須・選択科目を併せ、5科目の合格が必要なのですが、当時の私はまだ若く、野心もあったので「折角受けるなら1年で5科目全部とろう!」と決意し、必死で勉強しました。
1年目は結果的には3科目合格でしたが、この時は今思い返してもよく頑張ったと思います。

今でも時々思い出すのですが、中学の時の音楽の先生が「天才は昇る階段は人に見せないものだ」という言葉を教えてくれました。私なりには「成功の裏には人知れず相当の努力が必要だ」ということかと解釈をしましたが、税理士試験の際は、そんな言葉も思い出していたような記憶があります。

imageその後は迷わず税理士事務所に勤務をしたのですが、私は他の方々に比べれば、比較的早く税理士になれたため、若いうちから専門知識を必要とするような仕事を任せてもらいました。
当然、実務と勉強は違うので随分苦労もしましたが、多くの経験と高度な知識を身に付けることができたのは、この頃のおかげだと思っています。

このように、仕事面では充実した毎日を過ごしておりましたが、「税理士になった以上はいつか独立をしたい」と思っていました。
もちろん、独立せずとも目の前のお客様に自分の持てる知識を使ってお客様に貢献しようと日々過ごしていましたが、日に日に「自分のやり方を試してみたい」と思う気持ちが強くなり、独立を決意しました。

私は独立と同時に社員を雇いましたので、とにかく「しっかりと経営をしなくてはならない」と思ってやっておりました。しかしながら、やってみるのと頭で考えるのは大違いで、「行ける!」と思ってお金をつぎ込んだものの、全く成果が出ないこともしばしばありました。
日頃アドバイスをさせていただいている顧問先の社長様も、こういう思いで毎日経営しているのだな、と肌身で感じたのもこの頃だったと思います。
そして、とにかくお客様を増やし、経営を安定させることを考えていました。

その後は、お客様に恵まれ、社員も増えて来ましたので、現在の事務所に移転しました。
場所も以前の事務所と同じく日本橋人形町にしました。
日本橋人形町は私自身もとても愛着のある町ですし、顧問先や相談にお見えになる方々にも評判が良いようですので、この地でしっかりと根を張って、地域に愛され頼りされる税理士法人になりたいと思っています。

セミナー風景また、最近では事務所の外にセミナールームも借り、定期的にセミナーや勉強会も開催できるよう体制を整えました。申告書の作成だけではなく、経営に役立つ有益な情報も発信して行きたいと考えております。

最後になりますが、私どもは「単なる会計処理」を行う事務所ではなく、「中小企業の皆様の経営が良くなること」に注力してお手伝いをさせていただいております。
時には皆様のコーチとして、時にはアドバイザーとして経営者の皆様のお役に立ちたいと思っておりますので、スタッフ一同、どうぞよろしくお願いいたします。

 

日本橋人形町周辺で税理士をお探しなら、税理士法人ウィズへまずはお電話ください。100年経営をサポートいたします。フリーダイヤル0120992369 無料相談受付中

 

サブコンテンツ

▲TOPへ