自動仕訳サービスの決定版!? Streamed(ストリームド)

こんにちは。

皆さんは、仕訳をするとき、

領収書の山を前にしてどうしよう……と思ったことはありませんか?

領収書を勘定科目ごとにわけているときに、

一部の領収書がどこかに行ってしまって、

探す羽目になったなんてことはありませんか?

日頃から、領収書を整理整頓しておけば……なんて、

後悔したこと、一度はあるのではないでしょうか。

そんなとき、記帳代行サービスを利用するという

選択肢が脳裏に浮かぶ……なんてこともあるかもしれません。

今日、様々な記帳代行サービスが登場していますが、

中でも仕訳に強いと注目を集めているのが、Streamed(ストリームド)。

有料サービスにはなりますが、使い方は至極簡単。

領収書をスキャンして、画像データをサーバーにアップロードするだけで、

自動で仕訳されたデータが送られてくるのです。

スピードも群を抜いて早く、数千の画像データも、

営業時間以内に送れば、翌営業日以内には仕訳されて戻ってくるとか。

(実際にウィズで利用したところ、朝9時に送った画像データが、

当日の午後6時に仕訳されて戻ってきたこともあります!)

仕訳データは主だった会計ソフトに取り込み可能で、

領収書だけでなく請求書・通帳・クレカ明細・現金出納帳にも、

対応しているとのこと……。

業務効率化を図る上で、非常に有用なサービスだと思います。

ちなみに、ウィズが開催しているセミナーでも、

Streamedの詳しい使い方をご説明させていただいておりますので、

興味がある方はぜひお気軽にいらしてください♪

サブコンテンツ

▲TOPへ