経理書類の保存

経理書類の保存期間をご存知でしょうか?

先日、申告が完了したお客様のお預かりしている書類を整理していた時に、保存期間について改めて調べました。

書類の保存期間は法律で定められているので、決まった期間は保存しなくてはいけません。
書類の種類によって保存期間も違い、
しかも、法人税法と会社法で保存期間が違います。

この場合は定められた期間が長い方が優先されます。

決算書、会計帳簿(総勘定元帳や出納帳など)、事業関連書類は法人税法は7年ですが、会社法では10年ですので、10年が優先されます。

決算の際に作成された棚卸し表などは7年、
取引の時に発行された領収書や請求書、また通帳などの現金預金に関係する証憑書類も7年の保存期間となります。

でも10年分の資料が溜まると、保管する場所や管理が大変ですよね。
国税庁のサイトに詳しくありますが、スキャナ保存が可能です。
可能ですが、届け出が必要になってきます。(スキャナ保存可能な書類には要件があります)

そして届け出から3ヶ月後からスキャナ保存が可能になります。

書類の管理は結構大変ですよね。
お困り際はご相談下さい!

サブコンテンツ

▲TOPへ