源泉所得税の納期の特例

納期特例を受けている場合、7/10は源泉所得税の納付期限です

おはようございます。
早いもので一年も半分が過ぎ、7月になりました。
7月といえば、13日-15日の三連休。
6月に祝日がなかった分、楽しみたいものですね。

さて、源泉所得税の納期の特例の承認を受けている皆様、
納付期限は7月10日となっております。

源泉所得税の納期の特例

源泉所得税は、原則として徴収(支給)した日の翌月10日が納期限となっておりますが、
給与の支給人員が、常時10人未満である源泉徴収義務者は、
「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を提出し、承認を受けることにより
年2回にまとめて納付することができます。
もちろん、納期の特例の承認を受けたまま、毎月納税することも可能です。

また、給与の支給人員が常時10人未満でなくなった場合には、
納期の特例の要件に該当しないことになるため、
「源泉所得税の納期の特例の要件に該当しなくなったことの届出書」を提出し、
毎月納税する必要があります。

お忘れなきよう、よろしくお願い致します。

ご不明な点、ご質問等ございましたら、
お気軽に税理士法人ウィズにお問い合わせください。

サブコンテンツ

▲TOPへ