宿泊税??

先日お客様の帳簿を拝見していたところ『宿泊税』なるものが計上されていました。
あまり東京で宿泊される方をお見かけしていなかったので気づかなかったのですが
東京都では平成14年10月から、『都内のホテル又は旅館に宿泊する方に課税される法定外目的税で、宿泊税の税収は、国際都市東京の魅力を高めるとともに、観光の振興を図る施策に要する費用に充てるため』に課されているとのこと。
又、大阪府は平成29年1月1日から、京都市は平成30年10月1日から同様の宿泊税が課されることになりました。
これから2020年に向けて他の自治体でも課税をするようになるのでしょうか…
一人当たり100円~1000円の負担ですが、今まで無かったものが課されるとなると負担増の感は否めません。
観光地で課税が進むと旅行者数に影響が出ないことを望みます。

※あくまでも地方自治体が課す『税金』であり消費税は課されませんので、会計処理上は『宿泊税』分を『消費税対象外』として処理する必要があります。
出張が多い方は、今一度領収書を確認してみて下さい。

サブコンテンツ

▲TOPへ