オリンピックと賞金・報奨金

オリンピックと賞金・報奨金

来年の東京オリンピックまで1年を切りました。
チケットを申し込み当選した方、おめでとうございます。
(私の周りではいませんが・・)
落選された方、残念でした。

さて、オリンピックのメダリストにはJOCや各競技団体から賞金や報奨金が支払われます。
これらの賞金・報奨金に税金(所得税)は課税されるでしょうか?
賞金や報奨金は、一般的には「一時所得」として課税対象となりますが、
JOC及びJOCに加盟している競技団体からの賞金・報奨金に限っては、
所得税法により「非課税」とされています。税金はかかりません。
ただし、JOCに加盟していないその他の競技団体から支払われる賞金・報奨金については
非課税とならず、所得税がかかります。
また、選手が所属している企業から独自に支給される報奨金も
非課税とならず、給料として扱われ源泉徴収されます。

これらの非課税措置については、当初は租税特別措置法で規定されていましたが、
現在は所得税法の本則で規定されています。

宜しくお願い致します。

サブコンテンツ

▲TOPへ